ライセンスが不要なLinuxファイルサーバーを

ビジネスで利用されているコンピューターはWindowsという環境が圧倒的に多いと思います。Windowsで利用するファイルについての共有設定管理の煩雑さを解決するのがファイルサーバーです。
ファイルサーバーはOSとしてWindows Serverを利用することがほとんどですが、レムシステムではLinuxを利用したライセンス費用が必要のないファイルサーバー構築も行っています。

ファイルサーバーのライセンス費用でお悩みのユーザー様へ

Windowsファイルサーバーを導入するにはマイクロソフトのライセンスが必要になります。ライセンスはサーバーOS用と接続ライセンス費用があり、この2つのライセンス費用を合計すると、かなりの金額になります。

  • Windows Server ライセンス費用
  • クライアントアクセスライセンス費用(CALと呼ばれます)

を合計すると、それなりの費用になりサーバーのハードウェアより高価になってしまうことも少なくありません。

LinuxのファイルサーバーはOSとソフトウェアとしてオープンソースソフトウェア(以下、OSS)を利用するためライセンス費用が掛かりません。
ハードウェアと構築費用のみで利用できるため、同じ性能のハードウェアを利用した場合でもLinuxファイルサーバーのほうがコストがかなり安価になります。ライセンス費用がネックで入れ替えや新規のファイルサーバー導入を行っていない場合にはLinuxファイルサーバーをおすすめします。

ファイルサーバーの最適な構成は難しい

ファイルサーバーは容量やコスト、機能によってさまざまな製品があります。一般的に小規模な環境での利用はNASと呼ばれるファイルサーバー機能のみを実装した製品が選択されます。NASも利用する環境や機能によって多くの選択肢があります。

ファイルサーバーを利用する目的として、例えば以下のように具体的なご要望があるという場合には高速なハードディスクと多くのメモリを搭載したサーバーベースのファイルサーバーを選択します。

  • CAD用のファイルを保存したい
  • 複数のユーザーが同時に複数のファイルを開く必要がある
  • ファイル共有以外の機能を利用したい


このように用途やユーザー数で最適な構成が変わってきます。「ファイルを共有するだけ」と適当なものを選ぶことはおすすめしません。

Linuxファイルサーバーのサイジングと製品の選定

安価なNASや独自のOSを搭載したNASは、パフォーマンスが思ったように出ないことが多く、負荷が高い環境には不向きな場合があります。このようにファイルサーバーといっても最適な設計や製品の選定が必要になります。

ファイルサーバーの導入は「コストだけ」「容量だけ」で考えると失敗するケースが多いので、専門家へのご相談がオススメです。
特にLinuxを利用したファイルサーバーでは、ハードウェアとオープンソースソフトウェアの相性や対応状況などをしっかりと確認する必要がありますので、製品の選定には特に気を付けています。

レムシステムではお客様のヒアリングを元に最適な製品を選定することを心掛けています。もし製品としてニーズにあった既製品が無い場合には、カスタマイズしたサーバーをご用意する場合もあります。

ファイルサーバー導入についてのポイント

レムシステムでは中小企業や学校法人へのLinuxファイルサーバーの導入を多く行っております。
ライセンス費用やWindows Serverの脆弱性を考えてLinuxファイルサーバーを選んでいただく場合も多くなりました。Windowsにこだわる必要がなければLinuxファイルサーバーはコストとパフォーマンスの両方を満たすことができます。

Linuxファイルサーバーを導入する際の検討事項

Linuxファイルサーバーの導入にあたってはバックアップによるデータの保全性、クライアントコンピューターとの相性、無停電電源装置(UPS)や管理・運用なども含めて様々な検討が必要になります。
Linuxファイルサーバーの導入について、分からないことや悩んでいる点があれば、お気軽にご相談下さい。

レムシステムがLinuxファイルサーバーの導入に強いわけ

レムシステムは特定のメーカーやベンダーに依存していません。そのため機器やソフトウェアは自由度の高い、最適で安価な製品を選択できるという強みがあります。
またオープンソースソフトウェアの導入実績が豊富にあります。Linuxファイルサーバーについては特に多くの実績があり、構築手順を技術ブログである「Rem System Techlog」で公開しています。Linuxに詳しいユーザー様であれば、ブログの記事をみて自社での構築を行っていただくこともできます。

作業については調査、設計から構築(サポート)まで全てを自社内で行います。
ベンダーによっては営業までを行い、下請け業者が発注後の作業を進めることになります。このような環境の場合、発注先のベンダーにも作業を受けているという意識が少なく、せっかくのサーバーシステムも想像していたものとは違うシステムになってしまうことが良くあります。
レムシステムではLinuxファイルサーバーの導入にあたって経験豊富なエンジニアがヒアリングから、設計と構築、導入までをワンストップで対応します。
そのため、導入後のサポートも構成を理解したうえで、信頼性の高い内容を提供することができます。

利用する機器やメーカーに関係なく出来る限り安全にサーバーを稼働できるように、お客様と会話をしながら構築を進めて行きます。

Linuxファイルサーバー導入の費用

Linuxファイルサーバーの導入費用については、お客様の環境に合わせたカスタムプランを前提としていることから、都度のお見積りとなります。
まずはお電話やメールにてご要望やお悩みをご相談ください。
御見積書のご提示までは無料で全国対応しています。(遠距離の場合にはお電話のヒアリングとメールでの調査を事前に行います。)

サーバー本体やライセンス商品についても取り扱いがありますので、基本的にはハードウェアと作業費用をまとめた形でご案内しています。

ファイルサーバー導入のお問い合わせ

ファイルサーバーの導入についてのお問い合わせやご相談はフォームかお電話からお問い合わせください。小さなお悩みや疑問点でも歓迎です。