自社の情報発信に信頼性の高いメールサーバーを

レムシステムでは独自ドメインでメールを送受信するためのメールサーバーを構築を行っています。
自社でドメインを取得してメールの配信を行っている環境は多いと思いますが、配信用のメールサーバーはレンタルサーバーを利用しているパターンが多いようです。

レンタルサーバーは安価で独自ドメインのメールアドレスを利用することができますが、安価なため1台のサーバーに複数のドメインを詰め込んで運用しています。そのため、サーバー内のドメイン一つでも迷惑メールを配信してしまうようなことがあるとブラックリストにサーバーのIPアドレスがリストアップされてしまい、メールが送れなくなるようなことが多くあります。

メールサーバーでお悩みのユーザー様へ

レンタルサーバーでのメール運用は手軽でコストも安いように思えますが、迷惑メールに判定されてしまう可能性やSSLに未対応な部分、アドレスの制限などを考えると、自社のメールサーバーを運用することも増えてきているように見えます。
レムシステムではオープンソースソフトウェアクラウドサービスSaaS(Software as a Service ソフトウェアサービスを提供すること Office365やG suiteなど) でのメールサーバー構築サービスを用意しています。

  • メールアカウントを自社内で管理したい
  • メールのセキュリティを高めたい
  • スパムメール対策やウイルス対策を行いたい
  • モバイル機器やスマートフォンからメールを見たい
  • 古いメールサーバーの管理に困っている

このような要望がある場合には、自社でのメールサーバー運用をおすすめします。

メールサーバーで利用できる機能

メールサーバーはオープンソースソフトウェアによる構成の他にもクラウドサービスでの運用や、セキュリティアプライアンス(迷惑メールやアンチウィルス機能を提供する専用の機器)を組み合わせた構成が一般的です。
単純にメールを送受信する機能だけのサーバーは最近では少なくなっており、付加価値を追加した構成が望まれる傾向になります。例えばメールサーバーで人気のある機能としては

  • メール誤送信を防ぐために承認や確認が必要になる機能
  • 迷惑メールとアンチウィルス対策
  • 添付ファイルを暗号化する機能
  • 添付ファイルをPDFにして展開する機能
  • Active Directoryとアカウントを連携する機能

など主にセキュリティ面や運用面での付加価値を付けることがトレンドになっています。
このようにメールサーバーでは用途や機能で最適な構成が変わってきます。「メールを送受信するだけ」と適当な製品やサービスを選ぶことはおすすめしません。

メールサーバーのサイジングと製品の選定

安価なレンタルサーバーやホスティングサーバーはパフォーマンスが思ったように出ないことが多く、セキュリティ面でも機能不足なことから法人での利用には不向きな部分があります。

メールサーバーの導入は「送受信だけ」で考えると後々、セキュリティや運用で問題が発生するケースが多いので、専門家へのご相談がオススメです。特にメールサーバーでは、同じような機能を持つアプライアンスやソフトウェアのメリットやデメリットをしっかりと確認する必要がありますので、製品の選定には特に気を付けることが重要です。

レムシステムではお客様のヒアリングを元に最適な製品を選定することを心掛けています。もし製品としてニーズにあった既製品が無い場合には、カスタマイズした製品をご用意する場合もあります。

メールサーバー導入についてのポイント

レムシステムではメールサーバーの導入を多く行っております。導入だけでなくリースアップした機器の入れ替えや、運用中のメールサーバーからのデータ移行も作業の経験が豊富にあります。メールサーバーの新規導入だけでなく、既存環境からのデータ移行をしっかりと行うことができる業者を選択することが重要です。
また付加価値についても提案を行うことができることも重要なポイントになります。

メールサーバーを導入する際の検討事項

category-postfix
メールサーバーの導入にあたってはバックアップによるデータの保全性、サーバーの配置場所や、セキュリティなど様々な検討が必要になります。最近はオンプレミスのサーバーからクラウドへの移行が多くなってきています。このような外部へのメールサーバー移行についても重要な検討事項の一つです。
メールサーバーの導入や移行について、分からないことや悩んでいる点があれば、お気軽にご相談下さい。

レムシステムがメールサーバーの導入に強いわけ

レムシステムは特定のメーカーやベンダーに依存していません。そのため機器やソフトウェアは自由度の高い、最適で安価な製品を選択できるという強みがあります。またオープンソースソフトウェアの導入実績が豊富にあります。メールサーバーについても多くの実績があり、構築手順をレムシステムの技術ブログRem System Techlogで公開しています。Linuxに詳しいユーザー様であれば、ブログの記事をみて自社での構築を行っていただくこともできます。

メールサーバーといっても自社サーバーにこだわることはなく、クラウドサービスやSaaSを組み合わせた最適な構成をご提案します。

自社で全ての作業を行います

cat-opensource
作業については調査、設計から構築(サポート)まで全てを自社内で行います。
ベンダーによっては営業までを行い、下請け業者が発注後の作業を進めることになります。このような環境の場合、発注先のベンダーにも作業を受けているという意識が少なく、せっかくのサーバーシステムも想像していたものとは違うシステムになってしまうことが良くあります。

レムシステムではメールサーバーの導入にあたって経験豊富なエンジニアがヒアリングから、設計と構築、導入までをワンストップで対応します。そのため、導入後のサポートも構成を理解したうえで、信頼性の高い内容を提供することができます。

利用する機器やメーカーに関係なく出来る限り安全にサーバーを稼働できるように、お客様と会話をしながら構築を進めて行きます。

メールサーバー導入の費用

メールサーバーの導入費用については、お客様の環境に合わせたカスタムプランを前提としていることから、都度のお見積りとなります。まずはお電話やメールにてご要望やお悩みをご相談ください。
御見積書のご提示までは無料で全国対応しています。(遠距離の場合にはお電話のヒアリングとメールでの調査を事前に行います。)

サーバー本体やアプライアンス、ライセンス商品についても取り扱いがありますので、機材費用と作業費用をまとめた形でご案内しています。

メールサーバー導入のお問い合わせ

メールサーバーの導入についてのお問い合わせやご相談はフォームかお電話からお問い合わせください。小さなお悩みや疑問点でも歓迎です。