認定資格を持つエンジニアが新規から移行までサポート

レムシステムではオンプレミスのシステムをAWSへ移行する移行サポートと新規の導入サービスを行っています。

クラウドサービスはここ何年間でITインフラのメインストリームになってきました。最近ではクラウドファーストという言葉通りにクラウドでシステムを構築するパターンが非常に多くなってきています。

クラウドの中でもメガクラウドと呼ばれるAmazon AWS、Google GCP、Microsoft Azureの三つがクラウドサービスのシェアのほとんどを占めています。レムシステムでは既存のインフラと親和性の高いAmazon Web Service(AWS)をメインにクラウドサービスのサポートを行います。

クラウドサービスの導入や移行でお悩みのユーザー様へ

クラウドサービスへの移行は、このところ飛躍的にシェアを伸ばしています。導入を考えているお客様も多くご相談もよくいただきます。ただ話を聞いてみると

  • AWSやクラウドサービスがどういったものか、よくわからない
  • オンプレミスに比べて高価では?
  • セキュリティ面で不安

といったお悩みの抱えているようです。こういった疑問やお悩みをお聞きして、一つ一つをクリアにしていくことを大切にしています。このようなお悩みはお話をすることで全て解決しますので、お気軽にご相談下さい。

AWSの導入や移行についての不安がある

オンプレミスシステムをAWSへ移行する場合や新規の導入にAWSを採用する場合の疑問について少しクリアにしたいと思います。ここに記載した疑問以外にも多くの疑問や不明な点がでてくるはずです。そういった点は全てお問い合わせ下さい。

AWSがどういったものかよくわからない

AWSはAmazonの提供するクラウドサービスです。AWSでは使った分だけ課金される従量課金制で仮想サーバー(EC2サービス)やデータベースを利用できます。使わないリソースには料金が発生しないため、上手く構成することで運用コストを抑えることができます。また物理的なネットワークやサーバー機器を用意する必要がないため、短納期で初期コストを安価に抑えることができ、スモールスタートで運用を開始して段階的にリソースを追加していくような運用も可能です。

オンプレミスと比較して高価では?

AWSでは従量課金制のため使った分だけ費用が発生します。コストを抑えるにはできる限り不要なリソースを使わないことです。
運用によってコストを抑えることができるのが第一のポイント、もう一つはオンプレミスのシステムに必要な目に見えないコストを抑えることができるのが第二のポイントです。目に見えないコストは例えば以下のようなものが挙げられます。

  • サーバーやネットワーク機器のコスト
  • 機器に掛かる保守コスト
  • メンテナンスをおこなうための人員を確保するコスト
  • 物理機器を動作させるための電気料金
  • サーバーラックやUPSなど設置機器のコスト
  • データセンターやサーバールームといった配置にかかるコスト

このように目に見えないコストも含めて比較した場合には、AWSはオンプレミスのシステムと比較して安価に利用できると考えられます。クラウドサービスのコストを考える場合には目に見えない部分も含めた、トータルコストを意識することが大切です。

セキュリティ面で不安

AWSのセキュリティは非常に高いレベルにあります。信頼のおける第三者機関からの認証を複数取得しています。通常のシステムでこの認証を取得するのは困難なものもAWSでは取得済みです。
仮想サーバーや利用するシステムのセキュリティはOSレイヤ以下はユーザーでメンテナンスを行う必要がありますので、通常の物理サーバーを同じになります。
AWSでは装置や機器のメンテナンスは責任をもって行いますが、ユーザーは利用している仮想的なリソースをメンテナンスすることが必要になります。

大きく三つの疑問についての回答を記載しました。これ以外の点についてもお気軽にご相談下さい。

AWSを利用するメリット

AWSを利用することで以下のようなメリットがあります。オンプレミスのシステムとは異なる点を紹介します。

システムの冗長化を低コストで行うことができる

システムの冗長化はクラスタリングの構成やロードバランサーを用意する必要がありますが、こういった冗長化機能は全てAWSに用意されています。中でも冗長化に大変な手間がかかるデータベースはマネージドサービスのRDSを採用することで安価に冗長化を構成できます。

システムを短納期で納品することができる

ハードウェアが不要なため、サーバーやデータベースを急いで用意する必要があるときでも、直ぐに準備ができます。

運用方法でコストを抑えることができる

AWSは従量課金制になります。不要なリソースを自動的に停止するような構成を行うことで運用コストを抑えることができます。

バックアップや監視も用意されている

データベースや仮想マシンのスナップショットを自動的に取得する機能が用意されています。監視についても基本的な項目は用意されているため、不要です。

AWSをオススメする環境

もし以下のようなご要望がある場合にはAWSの移行を検討されることをおすすめします。

  • サーバーやシステムを冗長化したい
  • 初期費用を抑えたシステムを構築したい
  • 負荷が定期的に発生するので、対策を行いたい
  • サーバーレスのシステムを構築したい
  • スモールスタートで段階的にシステムの規模を大きくしたい

AWSのサイジング

安価なレンタルサーバーやホスティングサーバーはパフォーマンスが思ったように出ないことが多く、セキュリティ面でも機能不足なことから法人での利用には不向きな部分があります。

AWSの場合はリソースのサイジングについてそれほど意識することはありません。スモールスタートでシステムを稼働させ必要になった分だけリソースを追加することで後からいくらでも対応できます。

レムシステムではAWSを利用する場合、なるべくコストを抑えるご提案を行います。リソースやサイジングの計算は最低限にして、運用後に行うパターンが多くなっています。

AWS導入についてのポイント

レムシステムではインターネット、イントラネットに関わらずAWSの導入を多く行っております。導入だけでなくリースアップした機器の入れ替えや、運用中のウェブサーバーからクラウドへの移行も作業の経験が豊富にあります。新規導入だけでなく、既存環境からのデータ移行をしっかりと行うことができる業者を選択することが重要です。
また付加価値についても提案を行うことができることも重要なポイントになります。

レムシステムがAWSの導入に強いわけ

レムシステムはAWSの正規パートナーになります。AWSの導入実績も豊富にあり、導入はSolution Architectの資格をもつエンジニアが設計からサポートまですべての工程で対応します。

自社で全ての作業を行います

cat-opensource
ご発注をいただいた作業については事前の調査、設計から構築、サポートまで全てを自社内で行います。
ベンダーによっては営業までを行い、下請け業者が発注後の作業を進めることになります。このような環境の場合、発注先のベンダーにも作業を受けているという意識が少なく、せっかくのクラウドシステムも想像していたものとは違うシステムになってしまうことが良くあります。

経験豊富なエンジニアが設計からサポートまでワンストップで対応

レムシステムではAWSの導入にあたって経験豊富なエンジニアがヒアリングから、設計と構築、導入までをワンストップで対応します。そのため、導入後のサポートも構成を理解したうえで、信頼性の高い内容を提供することができます。

利用する機器やメーカーに関係なく出来る限り安全にサーバーを稼働できるように、お客様と会話をしながら構築を進めて行きます。

AWS導入の費用

AWSの導入費用については、お客様の環境に合わせたカスタムプランを前提としていることから、都度のお見積りとなります。まずはお電話やメールにてご要望やお悩みをご相談ください。
御見積書のご提示までは無料で全国対応しています。(遠距離の場合にはお電話のヒアリングとメールでの調査を事前に行います。)

AWSの利用料金についてはAWSとお客様側で直接ご契約いただく形となります。レムシステムでは構築作業とサポート費用のみをいただいております。

AWS導入と移行のお問い合わせ

AWSの導入と移行についてのお問い合わせやご相談はフォームかお電話からお問い合わせください。小さなお悩みや疑問点でも歓迎です。

    必須お名前
    任意会社名
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    任意ご住所
    必須お問合せ内容