VMWareによるプライベートクラウドで運用費用を軽減

vmware-01

自社内に構築した仮想環境で社内用アプリケーションの運用を検討しているユーザー様よりご相談を頂き、弊社にて仮想環境基盤の設計・構築・導入を行った事例です。
仮想環境基盤用のソフトウェアとして、ユーザー様自身で導入済みのVMWare環境を利用する前提条件がありましたので、既存環境に併せてVMWareにて設計を行いました。VMwareのバージョンは5.5となり、エディションは要望する機能からEssential Plusを選定しています。

ご要望の詳細

ユーザー様では大きく以下のようなご要望をお持ちでした。

a) 共有ディスクなしでのvMotionを利用したい
b) 仮想マシン自体のバックアップを、追加のソフトウェアライセンス無しで行いたい。
c) 既存環境では、vCenterが無い構成なので、vCenterを利用したい。
d) vCenterは専用のサーバーを利用する構成でなく、仮想マシンとして構成したい。
e) 仮想ネットワーク、DataStore、仮想マシンの最適な設定値を設計してほしい。

弊社からの提案と構成についての詳細

ユーザー様より頂いた要望を元に、VMWareの構成案を検討しました。
本事例では、ハードウェアについてはユーザー様にて選定・発注済みであるため、本来含まれる機器選定と
ハードウェア構成・設計については除外しております。
a)共有ディスクなしでのvMotionを利用したい
➡ 共有ディスクなしで実行できるvMotionであるクロスホストvMotionを利用できるように構成しました。
(クロスホストvMotionはVMWareのバージョン5以上で実装されています。)

b)仮想マシン自体のバックアップを、追加のソフトウェアライセンス無しで行いたい。
➡ 仮想マシンのバックアップは、VMWareの機能であるData Protectionを利用して、外部のNASへバックアップする構成としました。
c)既存環境では、vCenterが無い構成なので、vCenterを利用したい。
➡ vCenterを構成し、既存のホストについてもvCenterで管理するように構成。
d)vCenterは専用のサーバーを利用する構成でなく、仮想マシンとして構成したい。
➡ vCenterはOSのライセンス費用を考慮し、vCenter Appliance (VCSA)にて構成
e)仮想ネットワーク、DataStore、仮想マシンの最適な設定値を設計してほしい。
➡ ヒアリングを元に最適な構成を提示しました。

全体の構成図

vmware-01
※実際にはvMotion用ネットワークやバックアップ用ネットワークなどがあります。

VMWare導入のメリット

本ソリューションを導入することにより、大きく以下のようなメリットがありました。
A)機器コストの削減
☛ サーバーハードウェアの台数を減らすことができ、物件にかかるコストが軽減できた。
☛ 共有ディスクを利用しない構成により、機器にかかるコストが軽減できた。
B)運用コストの削減
☛ サーバー台数の軽減により、運用保守に掛かるコストが軽減できた。
☛ vCenterを導入することで複数のホストOSを管理する手間が削減できた。
C)メンテナンス時のダウンタイム軽減
☛ サーバーメンテナンスをvMotionにより、無停止で行うことができるようになった。
D)障害時への対応が容易
☛ 仮想マシンのフルバックアップにより、仮想マシン障害時に、リストアまでのダウンタイムを少なくできた。

VMWareやHyper-Vといったプライベートクラウドは、導入することでコストと運用に関する
大きなメリットが生まれます。その反面、導入の敷居が高いことも事実です。
弊社では、規模に関係なく、最適な構成と構築をご提案致します。
サーバー仮想化でお悩みの場合、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

最新記事

  1. vmware-01
    自社内に構築した仮想環境で社内用アプリケーションの運用を検討しているユーザー様よりご相談を頂き、弊社...
  2. mail-security01
    ご相談頂いたエンドユーザー様の環境では、メールを外部に送信する際の個人情報漏えいに気を遣う必要があり...
  3. windows-AD-migration
    Windowsサーバのハードウェア老朽化、及びWindows OS (2003 R2 SP2)がサポ...