KVMを利用した古いLinux環境の移行

linux-kvm

古いLinuxでお客様向けにサービスを行っていた業者様から依頼を頂き、移行作業を実施しました。問題点は、ハードウェアの老朽化及びサポート切れにより、今後の運用が心配というところです。
OS上で動作しているシステムはそのまま利用する前提で、老朽化したハードウェアのみを新しくすることがミッションとなります。
新しいハードウェアについては、最新のものを利用する形をご希望でした。
OSのサポートは終了しており、サポートマトリクスも、古いハードウェアしか記載されておらず、最新のハードウェアで動作させることは難しいと判断し、仮想化を利用した移行をご提案致しました。
VMWareなどライセンス費用が発生する商用ソフトウェアの利用はコスト面から回避したいとの意向でしたので、オープンソースでOS(CentOS)に実装されているKVMを利用してコストを安価にすることを併せてご提案させていただきました。

ご要件の詳細

本件では、以下のようなご要望をエンドユーザー様より頂きました。
老朽化したハードウェアの刷新と、予算の上限が決まっていることから、追加費用の回避が主なご要望になります。ブレイクダウンしたご要望の詳細は以下の通りです。

a) 予算が決まっているので、仮想化構成にした場合の追加の費用は回避したい
b) ハードウェアは最新のものを利用したい
c) OS上で動作している、既存のシステム(アプリケーション)はそのまま利用したい
d) 顧客へのサービスを行っているシステム(アプリケーション)のため、バックアップは必須
e) 機器の障害時はホットスタンバイの予備機を利用し、運用機と切り替える
f) サービスの負荷はそれ程高くないため、サーバーについてはそれ程高くない(コスト重視)のもの

上記を弊社に持ち帰り、ご要望に対応が可能な構成を検討しました。

弊社からの提案と構成についての詳細

エンドユーザー様より頂きました現状の課題と、新システムのご要望について、以下の通りにご提案しました。(➡が弊社、提案内容)
a) 予算が決まっているので、仮想化構成にした場合の追加の費用は回避したい
➡ Active Directoryによるドメインの設計・導入を行います。
b) ハードウェアは最新のものを利用したい
➡ MACアドレスによるネットワーク認証を行うことにより不正PCの接続制限を行います。
c) OS上で動作している、既存のシステム(アプリケーション)はそのまま利用したい
➡ b)と同様に不正接続PCをMacアドレスで制限します。
d) 顧客へのサービスを行っているシステム(アプリケーション)のため、バックアップは必須
➡ Windows Serverに実装されている認証サーバーを利用します。
e) 機器の障害時はホットスタンバイの予備機を利用し、運用機と切り替える
➡ ドメイン参加はユーザーマターとし、参加手順について技術移管をお粉します。。
f) サービスの負荷はそれ程高くないため、サーバーについてはそれ程高くない(コスト重視)のもの
➡ 設定を行います。

全体の構成図

kvm-work
構成の概要は以下の通りです。
a) 物理サーバ2台を用意します。各サーバーの役割は運用サーバーと、ホットスタンバイの予備機になります。
b) OSはオープンソースのCentOSを選定。
c) CentOS上のKVMにレガシーLinuxの仮想マシンをセットアップします。
d) 仮想マシンであるレガシーLinuxでデータ同期を行い、障害時には仮想マシンのみを切り替えます。

導入のメリット

KVMによる仮想化システムの導入によって、以下のメリットがありました。
A) レガシーLinuxの利用
☛ 既存のレガシーLinuxを利用することで移行費用とライセンス費用を安価に抑えることができました。
B) ハードウェアの強化
☛ サポートがある最新のハードウェアを利用することにより、安心した運用ができるようになりました。
C) オープンソースLinuxの利用
☛ CentOSを利用することにより、OSに発生するライセンス費用を無償にすることができました。
D) リソースの有効活用
☛ リソースに余裕がありますので、今後、仮想マシンを動作させることで、サーバーリソースの集約化、有効活用が出来るようになりました。

サーバー仮想化の導入事案は、KVM以外でも、VMware、Hyper-Vなどプラットフォームに関わらず導入実績がございます。今回のように、コスト面で厳しい場合でも仮想化が可能です。
仮想化やサーバーに関する費用圧縮についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

最新記事

  1. vmware-01
    自社内に構築した仮想環境で社内用アプリケーションの運用を検討しているユーザー様よりご相談を頂き、弊社...
  2. mail-security01
    ご相談頂いたエンドユーザー様の環境では、メールを外部に送信する際の個人情報漏えいに気を遣う必要があり...
  3. windows-AD-migration
    Windowsサーバのハードウェア老朽化、及びWindows OS (2003 R2 SP2)がサポ...