仮想化システム導入
vm-service

ITインフラでの一つのトレンドである仮想化。ワークロードの低いサーバシステムを統合して、物理サーバのリソースを上手に使う。TCOの低下には、効果があります。
これは一つの目安ですが、物理サーバを5台以上統合することにより費用対効果が高くなるようです。
詳細なところは、サーバサイジングを行った上での回答となりますが、ある程度の台数を統合することにより、はっきりとメリットが現れます。

ITインフラで、物理サーバがある程度台数があり、リプレースをご検討のお客様のためのサービスです。
仮想化によるメリット、デメリット、サイジングなど、疑問点に思っているところも含めてお話させて下さい。冗長化やバックアップに対しても、きちんとご提案致します。

仮想化システム構築サービスの詳細

仮想化構成:Hyper-V、VMWare、Xen、KVMなど
台数:ある程度の台数を統合することによりメリットがございます。基本的な構築後、お客様によるサーバの追加も丁寧にご指導致します。

仮想化システム構築サービスの料金

台数や使用により、都度のお見積りとさせていただいております。
この他の設計、サービス導入についてはオプションとしてご用意しております。
以下は構築料金に含まれません。ご了承下さい。

  • 遠隔地(100km以上)への出張費用、宿泊費用
  • ソフトウェアライセンス、ハードウェアライセンス費用
  • 複雑な設計が必要になる場合の設計費用
  • 複数回のお打ち合わせが必要になる場合の、お打ち合わせ費用
  • その他、環境やご要望による追加作業費用

ピックアップ記事

  1. vmware-01
    自社内に構築した仮想環境で社内用アプリケーションの運用を検討しているユーザー様よりご相談を頂き、弊社...
  2. mail-security01
    ご相談頂いたエンドユーザー様の環境では、メールを外部に送信する際の個人情報漏えいに気を遣う必要があり...
  3. windows-AD-migration
    Windowsサーバのハードウェア老朽化、及びWindows OS (2003 R2 SP2)がサポ...

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。