仮想化を利用した古いLinux環境の移行

cloud-top2

古いLinuxでお客様向けにサービスを行っていた業者様から依頼を頂き、移行作業を実施しました。問題点は、ハードウェアの老朽化及びサポート切れにより、今後の運用が心配というところです。OS上で動作しているシステムはそのまま利用する前提で、老朽化したハードウェアのみを新しくすることがミッションとなります。新しいハードウェアについては、最新のものを利用する形をご希望でした。
OSのサポートは終了しており、サポートマトリクスも、古いハードウェアしか記載されておらず、最新のハードウェアで動作させることは難しいと判断し、仮想化を利用した移行をご提案致しました。
VMWareなどライセンス費用が発生する商用ソフトウェアの利用はコスト面から回避したいとの意向でしたので、オープンソースでOS(CentOS)に実装されているKVMを利用してコストを安価にすることを併せてご提案させていただきました。

関連記事

  1. bg-vpn-solution

    全てをお任せのリモート接続サービス「VPN接続パッケージ」をリリースし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。